任意売却

アースクリエイトトップ>任意売却

 

◆ 任意売却とは 


債務者(住宅ローンなどの融資を受けている人)と債権者(各金融機関)との間に仲介者が入り競売入札開始前に双方合意のもと対象となる不動産を任意に売却することです。

債務者が何らかの理由で住宅ローン・借入金などの返済が困難になった場合には債権者が抵当権に従って担保不動産を差し押さえ、不動産競売の申し立てを行います。これを不動産競売といいます。

競売手続きが行われる前(競売入札が行われる前)に債務者と債権者の間に不動産業者などの仲介者が入り、不動産所有者と各債権者の合意のもと、双方が納得する価格を設定すれば不動産を市場で売却する事ができます。これを任意売却といいます。

 

任意売却なら競売決定通知が来てしまってからでも間に合います!

担保不動産競売決定通知が来てからでも任意で物件を売却することが可能です。これを受け取ってしまった場合は時間との競争になります。そのまま放っておくと「入札期日」の通知が送られてきます。この「入札期日」が届いてから慌てて任意で物件を売却しようとしても理論的には可能ですが、現実問題としては不可能です。また債権者によっては、任意売却を認めてくれない場合も多々有ります。任売を認めてもらえなくとも細かいながらも道があります。とにかくこの競売開始決定通知が届いたら速やかに行動を起こしてください

 

 

 

任意売却・競売のメリットはこちらから 

 

任意売却の流れはこちらから

 

任意売却する為の条件

 

任意売却の体験談はこちらをクリック